多彩な客室

自家源泉掛流し石和温泉

食の贅、酒の粋お料理

2017年03月06日

さくらの開花まで待てない方へ!(^^)!

3月に入り、春を感じる事が多くなってきましたね(^O^)

糸柳裏の遊歩道の河津桜も開花して、さくらの満開シーズンが待ち遠しいですね!

ですが、ただ待っているのはもったないという事で、桜満開シーズン前に楽しめるスポットをご案内いたします。しかも糸柳から車で5分です!(^^)!

スバリ!!【不老園】です!!

不老園は、甲府盆地東部山つき総面積約5万平方メートルにおよぶ広大な山地の山を切り崩し、谷を生かし、池を造り、その周辺に30数種類、約2,000本の観賞用の花梅木や赤松、桜、南天、つつじ、もみじ、牡丹等が人工的にバランスよく栽培されている梅園なんです。

3月4日現在で全体の8分咲きでまさに見ごろです。(不老園HPより)

また、不老園から見える景色も南に富士山 西に南アルプスと絶景ですよ!

園内には、梅天神があります。
梅天神は、国を鎮め守る神として平安時代中期 京都の北野に、その御霊をお祀りすべく造営された「北の天満宮」より、不老園に昭和52年2月に分霊されました。
御祭神は人臣として神に祀られた最初の、世にもすばらしき俊秀、至誠一貫の人であり、慈悲の神、正直の神、さらに学問の神(学業成就合格の神)、文学・芸能の神、書道の神(天下三聖)として、身近な親和感をもって広く厚く信仰されている神様でありますが、”火雷天神”として農耕や狩猟・漁業に携わる人々からも厚い信仰を受けています。不老園オリジナル絵馬もまりますので、お願いごとも一緒にどうですか!

ベストレート保証

安心のバリアフリー

絶品!こだわりの味農村料理

ブライダル

女将の細腕繁盛記

PAGE TOP