MENUCLOSE

ご宿泊予約

糸柳に
 ついて

糸柳について

心からのご満足を

石和温泉唯一の老舗旅館
「お客様に心からのご満足を」
それが私たちの使命です。

心からのご満足を

糸柳のあゆみ

明治12年

料理屋「槌屋」として創業

近世の頃、石和の地は甲州街道の宿場町として、地域の中心地であった。明治12年、料理屋と宿屋を兼ねた旅籠「槌屋」を甲州街道沿いに創業しました。当時は、地元の宴会のお客様や新潟や富山からの薬売りのお客様が多かったようです。

料理屋「槌屋」として創業

明治後期~昭和初期

“糸にいこう 糸にいこう”

明治も終わりになる頃、石和に鉄道が走ると「駅に近いほうが、お客様は来やすいだろう」と、現在の地に移転を決めます。現在の場所に糸柳という柳の木が植えられており、いつの頃か地元のお客様から“糸にいこう、糸にいこう”と言われるようになりました。それから屋号を「糸柳」と命名したと言われています。

“糸にいこう 糸にいこう”

昭和36年

「石和温泉」の誕生

昭和36年、ぶどう畑から突如として温泉が湧出し、周りの川に流れ出た温泉が青空温泉として広まり、あっという間に「石和温泉」は全国に知れ渡りました。翌年「糸柳」においても敷地内に温泉が湧出したことにより、料理のみならず温泉を楽しめる“料理旅館”として以前にも増して好評を博し現在に至っております。

「石和温泉」の誕生

おかげさまで
創業141年

おひとりお一人のお寛ぎのひとときのために
“心をこめたおもてなし”をさせていただきます。